家庭向けウォーターサーバーのデメリット

使用機会が少ない場合は毎月の水の配送料が家計の負担になる

家庭向けウォーターサーバーは、いつでも安全で成分や飲み心地にこだわりがある水を利用できるといった魅力があります。一方で、使用機会が少ない場合には、毎月の水の配送料の負担が大きくなってしまい、少なからず家計を圧迫することもあります。特に、採水地や含有成分を重視して天然水を選ぶ場合には、料金が高額になりやすい傾向があるため契約の際は注意が必要です。最近では、一般家庭を対象に、毎月宅配する水の量を柔軟に変更できる業者の数が増えており、初めての人も出費を最小限に抑えることが可能です。なお、ウォーターサーバーの水の使い道について迷っている場合には、新規の顧客に限り、数か月間無料で水の宅配を行っている業者と契約をするのも良いでしょう。

契約プランによっては故障やパーツの交換時にコストが発生する

性能が良い家庭向けのウォーターサーバーを長く使う場合には、定期的に点検をしてもらい、故障や不具合が無いかチェックをすることがとても大切です。ウォーターサーバーを提供する業者の中には、契約プランによって故障やパーツの交換をする際に高額な料金を請求するところもあるため、なるべく良心的な料金体系の業者にお世話になるのがポイントです。また、初めてウォーターサーバーの契約をする時には、一通りのアフターフォローの料金が含まれているプランを選択するのもおすすめです。その他、ウォーターサーバーの利用中のランニングコストを節約するうえで、省エネ設計が採用されているものや、メンテナンスの手間が掛からない小型のものを選ぶという方法もあります。

ウォーターサーバーを赤ちゃんの為に利用するのは、粉ミルクを溶く事を目的とする家庭が多いです。これは、安全な水を使いたいと考える人が多い事が背景にあります。