オフィス用ウォーターサーバーの選び方

利用人数の応じた容量の選択

いつでも安全で美味しい水が飲めるという理由でウォーターサーバーを導入する企業やお店が増えています。オフィス用のウォーターサーバーを選ぶにあたって重要なポイントとなるのが利用人数に応じた容量選びです。企業や飲食店など導入する場所によって平均利用人数は大きく異なります。小規模店舗で1日20人程度の利用であれば消費量は1ヵ月辺り100L程度です。1日平均100人程度利用する大手企業などの場合は時期によっては毎月500L以上消費することもあります。ボトルは最初の契約で決められた本数しか配送されないため、少なく依頼してしまうと月末に足りなくなるケースも少なくありません。逆に多過ぎると余らせてしまって無駄になります。利用人数に対しての消費量を見極めることが大切です。

メーカーを選ぶ時の注意点

ウォーターサーバーは業者によって金額からサービスまで細かく違います。長期に渡っての利用を検討している場合、月額のレンタル料金は大事なポイントです。企業のコストダウンを実現するためにも、複数の業者から見積もりを取って比較検討をしなくてはいけません。もう一つの業者選びの大事なポイントがオプションサービスの充実です。水の配送、使い終わったボトルの回収、これらを無料で請け負ってくれる業者を選べば費用は安く抑えられます。ウォーターサーバーは安全に使用するために定期的なメンテナンスが必要です。利用状況に応じてサーバーの負担は変わるため、使う頻度が多い場合は短い間隔でメンテナンスに来てくれる所を選ぶことが重要になります。

宅配水とは自宅までお水を届けてもらうことができるサービスです。重たい水を自宅まで運ぶのは大変です。特に小さい子やお年寄りにおすすめです。